ボルボカーズは、

電動車販売の好調な年を経て、

ゲントの電力生産能力を3倍にする。

Volvo Carsは、ベルギーのゲントにある工場で電気自動車の生産能力を3倍に増やしており、充電式自動車のリチャージラインナップに対する急速に高まる需要に対応する準備をしています。

 容量の増加は、ボルボカーズが2020年の通年の販売実績も報告していることから来ています。これは、同社のリチャージモデルの需要が大幅に伸びていることを示しています。総売上高に占めるリチャージカーの割合は、2019年と比較して2020年には2倍以上になりました。

 2022年までに、ゲント工場の電気自動車の生産能力は、現在のレベルの3倍以上になり、工場の総生産能力の約60パーセントに達するでしょう。

 ゲントは現在、CMAモジュラー車両アーキテクチャに基づく2番目の完全電動ボルボモデルを今年後半に生産する準備をしています。この工場では、同社初の完全電気自動車であるXC40 Rechargeと、XC40のプラグインハイブリッドバージョンをすでに製造しています。

「私たちの未来は電気であり、顧客は私たちの充電車から見たものを明らかに気に入っています」と、グローバルな産業運営と品質の責任者であるハビエル・ヴァレラは述べています。「私たちはラインナップを電化して電力生産能力を増強し続けているので、ゲントは私たちのグローバルな製造ネットワークの真の先駆者です。」

 Volvo Carsは、プレミアム電気自動車会社になることを約束しており、今後数年間で、同社はいくつかの完全な電気自動車を発売する予定です。2025年までに、世界での販売を50%の完全電気自動車で構成し、残りをハイブリッド車にすることを目指しています。

 ゲントは、完全な電気自動車の製造を開始した最初のグローバル製造ネットワークですが、世界中の他の施設で電気自動車の製造能力を増強する計画もあります。

 

Volvo Carsは先月、スウェーデンのSkövdeにあるパワートレイン工場で電気モーターを組み立てることも発表し、10年半ばまでに完全な自社電子モーター生産を確立する予定です。今後数年間でこの目的のために7億SEKを投資する予定です。同社はまた、次世代のボルボ車向けの電子モーターの社内設計と開発にも多額の投資を行っています。

検索フォーム

ショールーム情報

ショールーム

ボルボ・カー 江戸川

〒132-0022

東京都江戸川区大杉2-11-13

TEL:03-5879-3651

FAX:03-5879-3652

営業時間:9:30 - 18:30

定休日:毎週水曜日&第2・第3火曜日